さらにお得なおすすめクレジットカード

リクルートカード

・ポイント還元率が高い
リクルートカードは利用金額に対し、1.2%のポイントがたまります。
年会費永年無料のクレジットカードでは、最高水準のポイント還元率となっています。
ポイントがたまりやすく、お得なクレジットカードでしょう。

・ポイント有効期限は実質無期限
リクルートカードでたまるリクルートポイントは、有効期限が1年間です。
しかしポイントを獲得すれば、有効期限が延長されるシステム。
年に1度でもリクルートポイントを獲得していれば、ポイントを失効することがなくお得です。
ポイント失効ほどもったいないことはありませんので、実質有効期限がないのは嬉しいですね。

・コンビニでもポイントを使える
リクルートポイントはリクルートのサービスで使うことができます。
じゃらんやポンパレとなりますが、それほどリクルートのサイトを使わない…という方もいるでしょう。
そうなるとせっかくポイント還元率が高くても、お得なクレジットカードとはなりません。
ただリクルートポイントは、Pontaとしても使うことができます。
Pontaであればローソンなど街中の店舗でも使えるので、使い道がない…と困ることは少ないでしょう。
いつもの買い物をポイントで支払いができればお得です。

・電子マネーのチャージでお得
リクルートカードは電子マネーのチャージでも、1.2%と満額のポイントを獲得することができお得です。
チャージできる電子マネーは国際ブランドにより異なります。
JCBはnanacoとモバイルSuica、VISAとマスターカードはnanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMARTICOCAが対象です。
電子マネーのチャージでは、一番ポイント還元率が高いクレジットカードと言っても良いでしょう。
電子マネーをよく利用するならおすすめです。

リクルートカードは年会費無料でポイントがたまりやすいお得なクレジットカードです。
ポイント還元率の高さにこだわる人にはおすすめです。
またnanacoなどの電子マネーチャージ用としても、お得に使えるでしょう。

・リクルートカードのデメリット
リクルートカードはETCカードの発行手数料が1,000円+税かかります。
年会費は無料なので、発行手数料も無料ならよりお得なのに…と感じてしまいます。
ただETCカードの発行手数料が必要なのは、VISAとマスターカードブランドを選んだ場合です。
JCBブランド選べば、ETCカードは年会費無料、発行手数料無料でお得です。

Yahoo!JAPANカード

・ポイントがたまりやすい
Yahoo!JAPANカードは永年年会費無料で、ポイント還元率は1.0%あるクレジットカードです。
100円に1ポイントがたまり、ポイントをためやすくお得です。
メインのクレジットカードとしても、おすすめの1枚です。

・Yahoo!ショッピングでお得
Yahoo!ショッピングやロハコで利用をすると、ポイントはいつでも3倍になります。
100円に3ポイントがたまるので、お得ですよね。
Yahoo!のプレミアム会員だと、さらにポイントをゲットできてお得です。
Yahoo!ショッピングはAmazonや楽天市場と並ぶ大手のショッピングサイト。
日ごろから利用しているのであれば、Yahoo!JAPANカードは発行しておくのがおすすめです。

・Tポイントがたまる
Yahoo!JAPANカードでたまるのは、共通ポイントとなるTポイントです。
使い道が多いので、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。
Yahoo!ショッピングやYahoo!トラベルなどのYahoo!サービスだけでなく、ファミリーマートやソフトバンクなどでも使用することができますからね。
ポイントを有効的に使うことができお得です。

・ポイント有効期限は実質無期限
Yahoo!JAPANカードでたまるTポイントの有効期限は1年間ですが、獲得するたびに有効期限が1年間延長されるシステムです。
つまりポイントを獲得し続けていれば、ポイントが期限切れを起こすことはないのです。
Tポイントならクレジットカード以外でも、獲得するチャンスが多いでしょう。
気にしていなくても、自動的に期限が延長されているケースが多いと思われます。

・nanacoチャージでお得
Yahoo!JAPANカードは、nanacoチャージで満額の1.0%のポイントを獲得できます。
チャージでもお得になるクレジットカードです。
ただしポイント付与があるのは、JCBブランドのみ。
マスターカードとVISAブランドは、ポイント付与がありませんので注意をしましょう。

Yahoo!JAPANカードは、Yahoo!ショッピングやロハコを利用するならお得でおすすめのクレジットカードですね。

・Yahoo!JAPANカードのデメリット
Yahoo!JAPANカードはETCカードを発行すると500円+税の年会費がかかってしまいます。
年会費は無料の方がお得ですので、これはデメリットとなってしまうでしょう。

Orico Card THE POINT

・ポイントがたまりやすい
Orico Card THE POINTは100円に1ポイントがたまります。
還元率は1.0%となり、永年年会費無料クレジットカードとしては高くお得です。
また100円や200円ごとにポイントが付与されるクレジットカードは、支払いをした都度ポイントが加算されるシステムが多いです。
そうなると端数分は切り捨てとなってしまいます。
しかしOrico Card THE POINTは1か月間の利用金額を合計し、そこから100円に1ポイントが付与されます。
無駄になる利用金額が少なく、効率的にポイントをためられお得です。
メインのクレジットカードとして使うのもおすすめです。

・入会後6ヶ月間がお得
入会後6ヶ月間は、ポイントが2倍になる特典があります。
100円に2ポイント付与となりますので、よりポイントを貯めやすくお得になります。
入会直後にたくさん使うのが、おすすめのクレジットカードでしょう。

・ネットショッピングでお得
Orico Card THE POINT会員には、オリコモールで+0.5%のボーナスポイントが加算される優遇があります。
通常は0.5%~15.0%のボーナスポイントですが、Orico Card THE POINTを使えば1.0%~15.5%のボーナスポイントを獲得できることになりお得です。
オリコモールにはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、人気のショップが多くあります。
ネットショッピングをするなら、忘れずにオリコモールを経由するようにしましょう。

・電子マネーが使える
Orico Card THE POINTにはiDとQUICPayがダブルで搭載されています。
利用をするとクレジットカードの利用金額に加算され、クレジットカードポイントの獲得が可能となります。
電子マネーで支払いをしても、しっかりポイントをためられてお得ということになりますね。

Orico Card THE POINTはポイントをためやすく、お得なのでおすすめのクレジットカードです。
年会費が無料なので、持ちやすいのもメリットですね。

・Orico Card THE POINTのデメリット
Orico Card THE POINTは、旅行保険やショッピング保険などの付帯はありません。
ショッピングをしてポイントをためるのがメインのクレジットカードとなるでしょう。
クレジットカードに補償を求める人には、物足りないと言えそうです。

エポスカード

・マルイでお得
マルイでは年に4回、お会計が10%オフになる優待期間があります。
10%オフというのは、かなり大きな金額になるのではないでしょうか。
50,000円購入すれば、5,000円もお得になってしまいますからね。
エポスカード会員になれば、このお得な優待を受けることが可能です。
マルイ店舗やマルイのオンラインショッピングを利用するなら、持っていたいクレジットカードでしょう。
マルイの一部店舗では即日発行に対応しており、発行しすぐに割引を受ける…なんてこともできてしまいます。

・優待店舗が多い
エポスカードは全国に7,000の優待店舗があります。
優待店舗でエポスカードを使うと、割引やポイントアップといった特典があります。
飲食店やカラオケボックスなど、日常的に使うところが優待店となっているので、お得に感じる場面は多いでしょう。
もしかしたらいつも使っているお店が、エポスカードの優待店かもしれません。
それならエポスカードを発行するのがお得です。

・年会費は無料
エポスカードは永年年会費無料です。
ETCカードも年会費無料、発行手数料無料でお得です。

・ゴールドカードもお得
エポスカードにはゴールドカードもあります。
インビテーションによる入会は、年会費が永年無料になるのでお得です(通常入会は5,000円+税、ただし年間50万円以上の利用があれば翌年度の年会費は無料)。
年会費は無料でも空港ラウンジの無料利用や旅行保険の付帯など、ゴールドカードならではのサービスがあるのでお得ですよ。

・海外旅行保険が付帯
最高500万円となる海外旅行保険が自動付帯となります。
最高補償金額はそれほど高くありませんが、傷害治療は200万円、疾病治療は270万円と内容は悪くありません。
年会費無料クレジットカードで、海外旅行保険が自動付帯となるのはかなりお得でしょう。

エポスカードはマルイを利用するなら、お得なクレジットカードです。
また優待店を利用するために、発行するのもおすすめでしょう。
年会費無料なので、1枚持っているとお得になることがあるかもしれません。

・エポスカードのデメリット
エポスカードは200円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%です。
ポイント還元率は高くないので、ポイントがたまりやすいクレジットカードではないでしょう。
年会費無料クレジットカードでもポイント還元率は1.0%は欲しいところなので、これはちょっと残念な点ですね。

VIASOカード

・ETC、携帯電話料金の支払いにおすすめ
VIASOカードは1,000円に5ポイント付与となりますが、ETCカード、携帯電話、プロバイダ料金の支払いは1,000円に10ポイント付与になります。
ポイントが2倍になるのでお得です。
ETCカードは年会費無料なので、ドライバーにはおすすめです(発行手数料は1,000円+税がかかります)。

・オンラインショッピングでお得
VIASOカードカード会員は、VIASO eショップを利用できます。
VIASO eショップを経由してショッピングをすると、0.5%~10%のボーナスポイントを獲得できます。
こういったオンラインのショッピングモールは、他のクレジットカードでも利用ができます。
しかしVIASO eショップは、他と比べて全体的に還元率が高いという特徴があります。
楽天市場やYahoo!ショッピングでも1.0%のボーナスポイントを獲得できるのでお得です。
他だと0.5%とすることが多いですから、VIASOカードを持っているとお得にオンラインショッピングができるのです。

・ポイントはキャッシュバックとなる
VIASOカードのポイントは、1,000ポイントたまると自動的にキャッシュバックとなります。
1ポイント=1円として、決済口座に自動的に振込が行われます。
ポイントを交換したりする手間を省くことができます。
キャッシュバックなので、ポイントの使い道に困ることもなし。
現金がもらえるのは嬉しいですから、クレジットカードを使うのが楽しくなりそうです。

・年会費無料
年会費は永年無料です。

・保険が付帯する
最高2,000万円の海外旅行保険が付帯します。
利用付帯ではありますが、年会費無料クレジットカードで保険が付帯するのはお得です。
そして海外購入、国内のリボ払いでの購入商品は、最高100万円のショッピング保険が付帯します。

VIASOカードはネットショッピングや、携帯電話の料金支払いなどでお得になるクレジットカードです。
ポイントが自動的にキャッシュバックされるのも、魅力的です。

・VIASOカードのデメリット
VIASOカードは基本的に1,000円に5ポイント付与となります。
還元率は0.5%となり、ポイントがたまりやすいクレジットカードとは言えません。
ETCや携帯電話料金の支払いではポイント還元率が1.0%となりますが、どこで使っても1.0%くらいの還元率があるとよりお得なクレジットカードとなるでしょう。