楽天カードがおすすめお得な理由をさらに分析!

nanacoやEdyチャージにおすすめ

賢い人は電子マネーのチャージを、クレジットカードで行っています。
クレジットカードでチャージをすれば、その分のポイントをためられお得だからです。
現金でチャージをしても、どこにもポイントは付きませんからね。
現金でチャージをしている人は、クレジットカードに切り替えるのがおすすめです。

・nanacoチャージがおすすめ
楽天カードも、電子マネーへのチャージができます。
おすすめなのは、nanacoへのチャージです。
nanacoチャージでは、100円に1ポイントが獲得できます。
満額の還元率1.0%のポイントがたまるのでお得なのです。

nanacoはセブンイレブンで使う人が多いのではないでしょうか。
セブンイレブンで税金を支払うときに、nanacoを使います。
そうするとnanacoポイントがたまり、お得になるのです。
これを楽天カードでチャージをすれば、チャージで1.0%、nanaco利用時に1.0%のポイントを獲得できます。
合計で2.0%のお得になるのです。

nanacoチャージでポイント還元率が1.0%以上になるクレジットカードは、少ないのが現状です。
リクルートカードの1.2%が、最高でしょう。
以前はまだあったのですが利用金額が増え、クレジットカード会社はポイントを出し惜しみするようになってしまいました。
ポイント付与対象外にしたり、ポイント還元率を大幅に下げる…といった事態になってしまったのです。
そのため今ではチャージで高ポイントを獲得できるクレジットカードが減っています。
1.0%となる楽天カードは、貴重なチャージでお得なクレジットカードと言えるでしょう。

ただ楽天カードには、注意点があります。
nanacoチャージで1.0%のポイントを獲得できるのは、JCBブランドのみとなります。
VISAとマスターカードはチャージポイントがありません。
nanacoチャージをする可能性があるなら、JCBブランドを選ぶのがお得です。

・楽天Edyチャージもできる
楽天カードは楽天Edyもチャージができます。
200円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%です。
ポイント還元率は通常の1.0%に比べると半分となってしまいますが、楽天カードはよくキャンペーンを行っているクレジットカードです。
楽天Edyチャージでお得になるキャンペーンを利用すれば、お得にポイントを獲得できるでしょう。
楽天Edyチャージにも、おすすめのクレジットカードです。

ポイントは実質無期限

クレジットカードでたまるポイントは、期限が来てしまうと失効してしまいます。
せっかくためたのに失効してしまうのは、非常にもったいないです。
ポイントがたまりお得と感じるクレジットカードでも、ポイント失効が多ければお得にはなりません。
ポイントが使いやすいクレジットカードが、本当にお得なクレジットカードとなるでしょう。

・実質ポイント有効期限なし
楽天カードでたまる楽天スーパーポイントは、有効期限が1年間です。
ポイント有効期限は2年間とするクレジットカードが多いですから、それに比べると短いと感じるでしょう。
ただ楽天スーパーポイントは、最後にポイントを獲得した日から1年間が有効期限となります。
ポイントを獲得し続ければ、有効期限が延長されるシステムです。
楽天カードを使い続けていれば、ポイントを失効することはないのです。
失効をすることがなければ、ポイントを有効的に使えるのでお得です。

・ポイントの使い方
楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの支払いに使えます。
ポイントだけで欲しいものを購入したり、旅行をしたり…といったことができるわけです。
クレジットカードを使っていたおかげで、こんなお得ができるのです。

そして街中でも、ポイントを使うことができます。
楽天スーパーポイント加盟店では、ポイントで支払いをすることができます。
1ポイント=1円で、サークルKサンクス、ミスタードーナツ、ツルハドラッグなどで使用できます。
街中でも使えると、より使いやすくお得でしょう。

・ANAマイルに交換できる
楽天スーパーポイントは、ANAマイルに交換することもできます。
ポイント還元率は0.5%に下がってしまいますが、クレジットカードポイントのレートしては高い方なのでお得です。
他のクレジットカードだと0.3%以下の還元率となることが多いですからね。
ANAマイルを貯めている人には、おすすめのクレジットカードです。

・期間限定ポイントに注意
楽天スーパーポイントは、期間限定ポイントがあります。
利用できる期間が決まっており、それを過ぎてしまうと自動的に失効してしまいます。
キャンペーンなどで獲得したポイントは、期間限定となることが多くなっています。
期限が延長されることはありませんので、早めに使用してしまうのがおすすめです。
楽天市場や街中の楽天スーパーポイント加盟店で、使いきるのがお得です。
少数のポイントで期間内に使いきれない…というときは、楽天市場の募金ができるショップで利用をすると無駄にしなくてもすみます。

クレジットカードの年会費は無料

クレジットカードで気になるのは年会費です。
ポイントがたまりやすくお得なクレジットカードでも、年会費が高額だと発行をためらってしまうこともあるでしょう。
ポイントが高くても年会費を支払うと、それほどお得にならない…ということもあるためです。

楽天カードの年会費は永年年会費無料です。
どんな使い方をしても、年会費がかかることはありません。
クレジットカードを全く使わないとしても、損をすることはないことになります。

楽天カードがここまで人気となったのは、年会費が無料という要因も多い気のではないかと思われます。
年会費が有料だと、気軽に発行することができなくなります。
お得だけれど年会費がかかるなら別のクレジットカードにしておこうかな…と思ってしまいます。
実は楽天カードは、一時年会費が有料になったことがあったのだそうです。
しかし会員の反発や新規顧客の激減などにより、年会費無料クレジットカードに戻ったのだとか。
やはり年会費無料の方がお得なので、支持されることなのでしょう。

・家族カードの年会費は?
楽天カードは家族カードを発行することができます。
家族カードも年会費は無料です。
家族カードがあると、家族みんなでポイントをためることができます。
よりポイントをためやすくなりお得でしょう。
また家族カードは、家族に問題がある人でも発行が可能です。
延滞や自己破産をしているなどで、クレジットカードを発行しにくい人はいます。
そんな人でも家族カードなら、発行が可能。
クレジットカードがない不便な生活を強いられることはなくなります。

・ETCカードの年会費は?
楽天カードはETCカードを発行することも可能です。
ETCカードがあると高速道路料金が割引になりますし、ドライバーにとってはお得なので必需品と言えるでしょう。
楽天カードのETCカードは、年会費が500円+税となります。
クレジットカードは年会費無料なのですが、ETCカードは年会費有料となりますので注意をしましょう。
ただ楽天会員ランクがダイヤモンド会員とプラチナ会員になると、ETCカードの年会費が無料になります。
会員ランクが上位の人は、お得にETCカードを発行できるのです。
会員ランクの上位を獲得してから、ETCカードに申込みをするのが良いかもしれません。

ETCカードは発行手数料が必要となるものもありますが、楽天カードは発行手数料無料です。
こちらに関しては、お得となりますね。

海外旅行保険が付帯する

クレジットカードのサービスで、注目したいのが旅行保険です。
楽天カードはあまり触れられないのですが、海外旅行保険が付帯しています。
海外に出張や旅行に行く人は、お得でおすすめのクレジットカードとなります。

・海外旅行保険の内容
楽天カードの海外旅行保険は、意外と充実しているのでお得です。
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円、傷害治療費・疾病治療費最高200万円、救援者費用最高200万円、賠償責任最高2,000万円、賠償責任最高2,000万円、携行品損害最高20万円(免責3,000円)となっています。

一般クレジットカードの海外旅行保険は、最高1,000万円補償、傷害や疾病治療費は100万円などという補償額が多くなっています。
それに比べると楽天カードの補償額は倍となりますので、お得と言えるでしょう。

海外での治療費は、非常に高額になります。
1週間入院するだけで400万円~500万円くらいかかってしまうことはザラです。
これをすべて自己負担するとなっても、支払えない…となるでしょう。
クレジットカードで補償を付けておいて良かった!となる可能性が高いです。
国内では健康保険が効きますので、それほど治療費が高額になることはありません。
なので国内旅行保険より、海外旅行保険の方が重要となります。

・楽天カードの海外旅行保険は利用付帯
クレジットカードの海外旅行保険は自動付帯と利用付帯があります。
自動付帯はクレジットカードを持っていさえすれば、補償を受けることができます。
利用付帯はクレジットカードで旅費を支払わないと、補償を受けることができません。
旅費を支払っていないと海外旅行保険が付帯していても、1円も補償をしてもらえないのです。
楽天カードの海外旅行保険は、利用付帯となります。
旅費を楽天カードで支払っておくのがお得でおすすめとなるでしょう。

利用付帯となる海外旅行保険は、渡航後の旅費を支払えば補償が受けられるものもあります。
しかし楽天カードは、渡航後の旅費の支払いは補償の対象外となりますので注意をしてください。
補償の対象となるのは、渡航前の旅費の支払いのみです。
飛行機、タクシー、新幹線、一部でも良いので、楽天カードで支払いをしておきましょう。

ちなみに楽天カードの海外旅行保険は、家族カード会員も同等の補償を受けられます。
家族で海外旅行に行くというときは、家族カードを発行しておくとお得です。
年会費無料ですので、家族全員分を発行しても良いでしょう。

楽天銀行でお得

楽天カードには、お得になるメリットがまだあります。
いくつか紹介しておきましょう。

クレジットカードは支払日になると、自動的に決済口座から請求金額が引落されます。
自分で支払いに行く手間がないので便利ですよね。
ただ決済口座には、十分な残高があるようにしてください。
引落ができないと返済遅延となってしまいます。

楽天カードはさまざまな金融機関を決済口座に指定できます。
ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの大手から、地方銀行なども利用可能です。
決済口座におすすめなのは、楽天銀行です。
楽天銀行と楽天カードは、同じ楽天グループ。
なので決済口座にすることで、特典がありお得なのです。

楽天カードの決済口座を楽天銀行にすると、楽天銀行の普通預金金利が2倍になります。
0.02%の金利だったら、0.04%になるのです。
現在はマイナス金利で、どこの金融機関も普通預金の金利はほとんどないくらいです。
そんな中で少しでも金利が高くなるのは、お得と言えるでしょう。
また楽天証券と口座を連携すれば、金利は5倍になります。
0.02%なら、0.1%まで上げることが可能です。
少しでも金利を上げてお得になりたいのであれば、楽天証券を利用するのもおすすめです。

そして楽天カードのお得となるのが、WEB明細にすることです。
楽天カードは紙の明細書を発行することもできます。
紙の明細書を発行すると、毎月82円の手数料が必要になります。
1年間発行すると、984円もかかってしまうことになります。
これだと年会費有料のクレジットカードと同じことになってしまいますね。
紙の明細の方が良いとしても、楽天カードはWEB明細にするのがお得なのです。

WEB明細はパソコンやスマートフォンで、いつでも確認をすることができます。
思い立ったときに確認ができるので便利でしょう。
どうしても紙の明細が必要であれば、プリントアウトすればOK。
自分でプリントアウトすれば、無駄に手数料を支払う必要はなくなります。

近年はどのクレジットカードも、紙の明細を発行しなくなっています。
発行するのに手間がかかりますし、郵送費もかかります。
それに紙を使用しますので、環境にもよくありません。
こういった点から、クレジットカード会社ではWEB明細を推奨しているのです。
現在はインターネットが普及しています。
スマートフォンや携帯電話もほとんどの人が持っており、紙の明細がなくても不自由はしないので問題はないでしょう。