おトクなクレジットカードいろいろ

電子マネーが使えるお得クレジットカード

クレジットカードに電子マネーのSuicaが付帯されているものが増えてきました。交通系電子マネーとしてかなり普及してきているこのSuicaはクレジットカードと組み合わせることでさらにお得なものとなることが特徴です。またこれ以外にもEdyが搭載されているクレジットカードなど日本で普及している様々な電子マネーはクレジットカードと提携するような時代になってきました。大きな支払いはクレジットカードで、小さな支払いは電子マネーなどの使い分けをすることも可能ですし電子マネーの搭載されたお得なクレジットカードをご紹介します。

■楽天Edyが付帯されているクレジットカード
・楽天カード
楽天カードといえば楽天Edyの提供元と運営会社が同じということもあり楽天Edyが付帯されているクレジットカードとなっています。楽天カードから楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるようになっていますし、楽天自体も楽天Edyを利用することで期間限定ポイントを付与するなどのキャンペーンを実施していることもお得な理由となっています。

■Suicaが付帯されているクレジットカード
・ビックカメラSuicaカード
もし電化製品の購入にビックカメラを利用されているのであれば必ず持っておきたいクレジットカードがこちらです。まずビックカメラでの支払いが他のクレジットカードとは異なり現金で支払ったのと同様にポイントが付与されるというのが大きな特徴となっています。
そしてもう一つのお得さはSuicaへのチャージでポイントが付与されるということです。これだけでは特にメリットを感じないかもしれませんが、これを利用してビックカメラで支払いをすればクレジットカードだけで支払いをするよりも少しポイントの還元率が高いものとなります。Suicaにチャージ出来る金額には上限がありますので超高額商品をSuicaで購入することは出来ないのですが、ちょっとした買い物をビックカメラで繰り返すのであればSuicaを経由させて買い物したほうがポイント還元率が高まります。

■iDが付帯されているクレジットカード
・Orico CARD THE POINT
ポストペイド式の電子マネーに対応しているお得クレジットカードがこちらです。iD以外にもQUICPayに対応していますし、電子マネーの支払いをクレジットカードに設定しておくことでポイントが貯まります。ポストペイド式の電子マネーはチャージ式とは異なり事前に対応する手間が省けますので手軽にお得に利用する事ができます。

ビックカメラSuicaカード

・ポイントがたまりやすい
ビックカメラSuicaカードは、2つのポイントがたまります。
一般加盟店では1,000円ごとに2ビューサンクスポイント+5ビックポイントが付与されます。
それぞれ0.5%の還元率となるので、合計1.0%のポイントを獲得できることになります。
還元率が1.0%あれば、ポイントがたまりやすくお得なクレジットカードと言えるでしょう。

・ビックカメラでお得
ビックカメラでは購入金額に対し、10%のビックポイントがたまります。
10%という還元率は、かなり高くお得です。
通常ビックカメラではクレジットカード払いにするとポイント付与率が下がるのですが、ビックカメラSuicaなら現金払いと同じポイントをもらえるのでお得です。
ビックカメラSuicaに付帯するSuicaで支払いをしても、10%のポイントをもらえてしまいます。

・Suicaチャージでお得
Suicaへのオートチャージができ、6ビューサンクスポイントが獲得できます。
還元率にすると1.5%になりますので、Suicaのチャージではお得なクレジットカードです。
またJR東日本の定期券や乗車券などの購入時も、1.5%のポイントを獲得できます。
電車で通勤や通学をしている、出張や旅行で新幹線をよく利用する人などは、ポイントがたまりやすいのでおすすめのクレジットカードです。

・実質年会費無料
ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料ですが、翌年度より477円+税の年会費が必要です。
しかし年に1度でもカードの利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。
実質年会費無料で使えるクレジットカードなのでお得です。

・モバイルSuicaの年会費が無料に
モバイルSuicaのチャージ用にビックカメラSuicaカードを指定すると、当面の間年会費が無料になります。
モバイルSuicaを利用するならお得です。

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでもSuica利用でもポイントがたまりやすい、お得なクレジットカードです。
実質年会費無料ですし、気軽に発行できそうですね。

・ビックカメラSuicaカードのデメリット
ビックカメラSuicaカードは、ETCカードの年会費が有料となります。
477円+税と高額ではありませんが、年会費有料より年会費無料の方がお得でしょう。
ETCカードは他のクレジットカードで、発行した方が良いかもしれません。

年会費無料でお得なクレジットカード

皆さんはクレジットカードの年会費をどの程度気にしていますか?年会費は無料のクレジットカードしか持たないという方から、多少は年会費が掛かっても利用したいクレジットカードを持ちたいという方まで幅広いのではないでしょうか。
日本で発行されているクレジットカードの中には年会費が無料でありながらサービスが充実しているものも多数あります。年会費が無料であればそれだけお得さも増しますのでオススメのクレジットカードを3つご紹介します。

■楽天カード
年会費無料で様々な付帯サービスが用意されているクレジットカードとして一つ目は楽天カードをご紹介します。楽天カードは利用者による満足度も非常に高いクレジットカードの一つであり、信頼と安心感のあるクレジットカードとなっています。
お得な理由は何と言ってもポイントの還元率が高いことでしょう。普段からの利用では1%の還元率となっていますし楽天のサービスを利用すれば2%以上の還元となっています。楽天のサービスには様々なものがありますので楽天カードを利用するのであればなるべく楽天に関するサービスを利用しなければ勿体無いぐらいです。

■REX CARD Lite
数あるクレジットカードの中でも年会費無料でポイント還元率が最も高い部類に入るのがこちらのクレジットカードです。お得さ満点のそのポイント還元率というのはなんと1.25%ですから驚きです。
貯めたポイントの使い方も簡単でよく利用されているのはクレジットカードの利用金額に充当するサービスです。ジャックスのサービスではJデポと呼ばれているサービスで2500ポイント単位で充当することが可能です。何かしポイントで支払うというのも良いとは思いますが、クレジットカードの利用代金から相殺してもらえる方が手間も少ないという方も居るでしょうし何よりこの高還元率がお得です。

■エポスカード
百貨店系のクレジットカードでありながら年会費が無料となっているのがエポスカードです。波高はマルイの子会社が対応していますがマルイで割り引きなどを受けられるクレジットカードです。
本来百貨店で割り引きが受けられるようなクレジットカードには年会費が必要です。しかしマルイに関しては年会費無料でクレジットカード会員限定の割り引きなどが提供されているのでお得です。
しかもエポスカードは提携している企業が多くマルイ以外でも割引が受けられることがあります。公式サイトを確認すると大手との提携も多くなっていますのでそういった割り引きでもお得な1枚です。

dカード

・ポイントがたまりやすい
dカードは100円に1ポイントがたまります。
ポイント還元率は1.0%となり、ポイントはたまりやすくお得なクレジットカードです。

・ローソンでお得
dカードはローソンで利用をすると、5%ものお得になります。
dカードの提示で1.0%のポイント付与+dカードの決済で1.0%のポイント付与+dカード決済で3%の割引=5%のお得となるのです。
ローソンは店舗数が多いですし、いつも使っている方も多いでしょう。
いつでも5%のお得になれば、節約にもなります。
ローソンを利用するなら、dカードはおすすめのクレジットカードです。

・dカード特約店でお得
dカードは100円に1ポイント付与となりますが、特約店ではさらにポイントの加算があります。
ENEOS、タワーレコード、JALなどで利用をすると、ポイントがたまりやすくお得です。

・ドコモユーザーがお得
ドコモユーザーはdカード会員になると、最大1万円の補償を受けることができます。
携帯電話機は高額なので、失くしてしまったり壊してしまい買い替えとなると、費用が心配ですよね。
dカードを持っていれば、購入から1年間は補償を受けられるので助かるでしょう。
ドコモユーザーは、持っていたいクレジットカードです。

・実質年会費無料になる
dカードは初年度年会費無料ですが、翌年度より1,250円+税となります。
一般のクレジットカードとしては、やや年会費が高いと感じるかもしれません。
しかし年に1度でもカードを利用していれば、翌年度の年会費が無料になります。
実質年会費無料のクレジットカードとなるので、お得に使うことができます。
この条件なら、余裕でクリアできますよね。

dカードはドコモユーザーだけがお得になるクレジットカードというイメージがありましたが、実は他のキャリアユーザーでもお得に使うことができます。
年会費が実質年会費無料になるなら、ローソンのみで使うクレジットカードとしても良いのではないでしょうか。

・dカードのデメリット
dカードのETCカードは、年会費が500円+税となります。
年に1度でもETCカードを利用すれば翌年度の年会費は無料になるのですが、年に1度も高速道路を走行しない人にはおすすめできません。
また旅行保険の付帯はないクレジットカードとなります。
実質年会費無料といっても基本的には年会費有料クレジットカードなのですから、利用付帯でも旅行保険が付帯していればよりお得となるでしょう。

お得なゴールドカード

ゴールドカードに皆さんはどんなイメージを持っていますか?ゴールドカード=年会費の高いクレジットカードというような印象しか持っていない方も多いのでは無いかと思います。確かにゴールドカードは年会費無料のものもほぼ無いですし維持費が高くつくクレジットカードには違いありません。しかしゴールドカードの中には年会費以上のお得さを感じられるものも多数存在しています。今回は実用的な面から年会費以上のお得さがあるゴールドカードをご紹介します。

■三井住友VISAゴールドカード
総合的に一番お得だとおすすめているゴールドカードがこちらの三井住友VISAゴールドカードです。本来は年会費が10800円のゴールドカードなのですが、年会費の割り引きが多く用意されていますので最大で6480円の割り引きを受けることが可能です。
年会費が下がってしまってはゴールドカードとしてのサービスも落ちてしまうように感じるかもしれませんが、こちらは三井住友カードが発行するプロパーカードですのでゴールドカードとしての付帯サービスは非常に充実したものとなっています。特にドクターコールと呼ばれる医師や看護師に24時間年中無休で電話での相談が出来るサービスが人気を集めています。

■楽天プレミアムカード
楽天カードの上位クレジットカードに相当するのがこの楽天プレミアムカードです。年会費は10800円でゴールドカードに分類されるものとなっています。
楽天カードといえば楽天関連で利用することによってポイントが多く獲得できることがお得さでありこれは間違いありません。しかし今回おすすめするのはそこではなくお得にプライオリティパスを手に入れることが出来るということです。世界中の空港ラウンジが利用できるサービスとして有名なプライオリティパスは本来は年会費が必要なサービスです。しかし楽天プレミアムカードを利用すれば追加の年会費を支払うことなくこれを手に入れることが出来ますのでお得さ満点です。

■セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンとアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているゴールドカードであり、年会費が10800円に抑えられていることがお得の理由です。本来アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持とうと思うと数倍の年会費必要となることもあるのですがこちらでは年会費を抑えて持つことが可能です。
セゾンはアメリカン・エキスプレスとの提携サービス以外にも独自に提携企業を持っていますので、こちらでも優待が適用されるのがお得で魅力的です。