お得なおすすめクレジットカードまとめ

クレジットカードはお得なものがおすすめです。
ただそういわれても、どれがお得なのかよくわからない方も多いでしょう。
人気のクレジットカードの、どこかお得なのかを検証してきます。

まずはREXカードLiteから。

・年会費無料でポイントがたまりやすい
REXカードLiteはは永年年会費無料で、ポイント還元率は1.25%あります。
年会費無料クレジットカードだと1.0%でも高い還元率ですから、それ以上となるのでポイントはたまりやすくお得です。
メインのクレジットカードとして使うものおすすめです。

・旅行保険が付帯する
最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯、最高1,000万円の国内旅行保険が利用付帯となります。
年会費無料クレジットカードで旅行保険が付いているだけでもお得なのですが、海外旅行保険はなんと自動付帯です。
自動付帯だとクレジットカードを持っているだけで補償を受けられますので、海外に行く機会のある方にはおすすめです。

・ETCカード発行もおすすめ
REXカードLiteのETCカードは、年会費無料、発行手数料無料です。
無駄に費用をかけずにETCカードを利用できるのでお得です。
ETCカードの利用でも1.25%のポイントを獲得できるのもお得でしょう。

・ポイントはキャッシュバックに使える
たまったポイントはJデポに交換して使用できます。
Jデポを使うとクレジットカードの請求金額から、1Jデポ=1円として値引きがされます。
実質キャッシュバックと同じかたちになり、ポイントを有効的に使うことができお得です。
ポイントの使い道に困らないのも、REXカードLiteのメリットと言えるでしょう。

REXカードLiteは年会費の負担なく、ポイントをためやすいクレジットカードです。
また旅行保険も付帯し、補償も手厚くお得です。

・REXカードLiteのデメリット
REXカードLiteのポイントは、2,000円ごとに25ポイント付与となります。
2,000円未満は切り捨てとなってしまいますので、1,999円分は1ポイントももらえない…となってしまいます。
あまり効率よくポイントを獲得できるとは言えませんので、せめて1,000円ごとのポイント付与だとよりお得なクレジットカードになるでしょう。
ちなみにポイント付与は1か月の合計金額をだし、2,000円ごとに25ポイント付与となります。
1回の買い物で2,000円ごとではないので、100円、200円の買い物でもポイントを獲得できるチャンスはあります。

イオンカードセレクト

・年会費無料
イオンカードセレクトは永年年会費無料。
家族カードやETCカードなども年会費無料でお得です。

・イオンで割引きがある
イオンカードセレクト会員になると、毎月20日と30日は5%割引になる特典があります。
衣料品や食料品などたくさんのものが5%オフになるので、家計の節約になりお得です。
またワンデーパスポートやバースデーパスポートといった、クレジットカード会員向けのクーポンの配布もあります。
これはイオンで使える割引券で、5%~10%の割引を受けることが可能。
上手に活用すればお得です。

・イオンでポイントがアップする
イオンカードセレクトは200円に1ポイント付与となりますが、イオンでの利用時は200円に2ポイント付与となり還元率が2倍にアップします。
還元率は1.0%になりますから、ポイントはたまりやすいと言えるでしょう。

・WAONチャージでポイント付与がある
イオンカードセレクトは、付帯するWAONへのオートチャージが可能です。
そしてお得なのは、チャージでポイント付与があること。
200円に1WAONポイントを獲得することができます。
WAONチャージでポイント付与があるクレジットカードはほとんどありませんから、WAONを使う人にとっては一番お得なクレジットカードでもあります。

・ETCカードにもおすすめ
イオンカードセレクトのETCカードは、年会費無料、発行手数料無料でお得です。
さらにETCゲート車両損傷お見舞金制度が付帯しているのが特徴です。
これはETCゲートに接触したなとで車が損傷してしまったときに、5万円のお見舞金が支払われるサービスです。
こういった制度があるクレジットカードは珍しく、イオンカードならではでしょう。
ETCカードでも、お得になるクレジットカードです。

イオンカードセレクトはイオンでの買い物をする人や、WAONを使っている人にはお得でおすすめです。
年会費無料ですし、1枚は持っておくと便利かもしれません。

・イオンカードセレクトのデメリット
イオンカードセレクトは一般加盟店では200円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%になります。
還元率がそれほど高くないのが、デメリットになるでしょう。
またポイントの付与は、1回の利用ごとになります。
200円未満の買い物では、ポイントを獲得することができません。
少額の買い物が多い人は、ポイントの取りこぼしが多くなるクレジットカードです。

楽天カード

・ポイントがたまる
楽天カードは100円に1ポイントがたまります。
年会費永年無料ですが、ポイント還元率が1.0%ありポイントをためやすくお得です。
またENEOSなどの楽天カード優待店では、ポイントが2倍~3倍にアップするのでさらにお得です。
ポイントをためやすいので、メインのクレジットカードとしてもおすすめです。

・楽天市場でポイントがアップする
楽天市場で利用をすると、いつでもポイントが4倍になるサービスがあります。
100円で4ポイント獲得できるわけですから、お得度はかなり高いです。
楽天市場はショップ数もアイテム数も多く、普段から利用している方も多いでしょう。
楽天市場の利用時に他のクレジットカードで決済している人は、ポイントを取り損ねて損をしているかもしれません。

・電子マネーチャージでポイントがたまる
楽天カードは楽天Edyへのチャージでは、200円に1ポイントが獲得できます。
オートチャージも可能です。
そしてnanacoチャージでは、100円に1ポイントが獲得できます。
電子マネーチャージでも、しっかりポイントを貯められてお得です。
ただnanacoチャージでポイントがゲットできるのは、JCBブランドのみです。
VISAとマスターカードは使えませんので、nanacoチャージをするならJCBを選ぶのがオススメとなります。

・キャンペーンが多い
楽天カードはよくキャンペーンを行っているクレジットカードでもあります。
街中でのポイントアップ、Edyチャージでポイントアップ、楽天市場での利用でポイントアップなど、ポイントを獲得するチャンスがたくさんあります。
上手に利用をすれば、どんどんポイントをためることもできお得です。
お得なキャンペーンへの参加はエントリーが必要なので、必ずエントリーしておいてくださいね。

・ポイント有効期限は実質無期限
楽天カードでたまる楽天スーパーポイントは、最後にポイントを獲得した月の1年後の月末がポイント有効期限となります。
年に1度でもポイントを獲得していれば、ポイントを失効することはありません。

楽天カードはポイントもたまりやすくおすすめ。
楽天市場を利用するなら、絶対の持っていたいクレジットカードです。

・楽天カードのデメリット
楽天カードのETCカードは、年会費が500円+税が必要となります。
年会費無料でETCカードを発行できるクレジットカードの方が、お得度は高いでしょう。

JCB一般カード

・優待店でお得
JCB一般カードはオリジナルシリーズ優待店では、ポイントが2倍~にアップします。
通常は1,000円に1ポイント付与となりますが、優待店では1,000円に5ポイント獲得することも可能となりお得です。
しかもAmazon、セブンイレブン、スターバックス、イトーヨーカドーなど、日常的に利用するところが優待店となっているので、ポイントを獲得するチャンスは多いと言えるでしょう。

・海外でお得
海外での利用分は、いつでもポイントが2倍になります。
海外でクレジットカードをよく使うなら、ポイントをためやすくお得です。
またJCBのクレジットカード会員は、海外にあるJCBプラザを利用できるのもメリットです。
日本語対応で旅の相談などができるので、あると力強いでしょう。
JCBブランドのクレジットカードは海外では使いにくいと言われますが、実はお得だったりするんです。

・年会費の優遇がある
JCB一般カードは初年度は年会費無料ですが、翌年度からは1,250円+税の年会費が必要となります。
しかし年間50万円以上の利用があると、翌年度の年会費が無料になる優遇があります。
年間の利用金額が高くなると、お得にクレジットカードを使えることになりますね。
年間50万円はそれほど難しい金額ではないので、年会費無料で使える人は多いのではないでしょうか。

・年間利用金額によりポイントアップ
JCB一般カードではJCBスターメンバーズという制度があり、年間の利用金額により翌年のポイントがアップします。
50%ポイントをアップさせることもでき、年間利用金額が高くなるほどお得となります。
メインのクレジットカードとして使うのがおすすめでしょう。

・ETCカードにもおすすめ
JCBカードのETCカードは、年会費無料で発行手数料無料なのでお得です。
ETCカードをそれほど使わない人が持っても、損をすることはありません。

JCB一般カードはポイントアップのチャンスが多く、ポイントを貯めやすくお得なクレジットカードと言えます。
また実質年会費無料で使えるのも嬉しいですね。

・JCB一般カードのデメリット
JCB一般カードは通常1,000円に1ポイント付与となり、還元率は約0.5%です。
それほそポイントがたまりやすいわけではないのが、デメリットといえます。
ポイントアップのチャンスは多々あるクレジットカードではありますが、できれば常に還元率は1.0%程度欲しいところです。

セゾンカードインターナショナル

・ポイント有効期限なし
クレジットカードのポイントは、有効期限が設けられています。
2年などを過ぎると、自動的に失効してしまうんですね。
せっかくポイントがたまっても、期限切れを起こしてしまうと元も子もありません。
セゾンカードインターナショナルでたまる永久不滅ポイントは、有効期限が設けられていません。
失効することがないので、ポイントを有効的に使えるのでお得です。
退会さえしなければ、永遠にポイントを貯め続けられてるのでお得です。

・セゾン系スーパーでお得
西友、リヴィン、サニーで毎月5日と20日にセゾンカードインターナショナルで支払いをすると、請求が5%オフになります。
食品や日用品などほとんどの商品が5%オフになるので、家計が節約できお得です。
セゾン系のスーパーを利用するなら、持っておきたいクレジットカードです。

・年会費は無料
年会費は永年年会費無料です。
ETCカードも年会費無料、発行手数料無料でお得です。

・nanacoでお得
nanacoの番号をあらかじめ登録しておくと、イトーヨーカドーとセブンイレブンではnanacoとクレジットカード両方のポイントをためることができます。
セゾンカードインターナショナルで決済をしても、nanacoポイントがたまるようになるのです。
nanacoを使わなくても、nanacoポイントを貯められるのはお得ですよね。
合計で1.5%のポイントを獲得でき、セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する方にはお得でおすすめのクレジットカードです。

・即日発行可能
セゾンカードインターナショナルは、即日発行に対応しているクレジットカードです。
店舗のセゾンカウンターで受け取りをすると、申込み当日にクレジットカードを使えるようになります。
即日発行をして西友で当日5%オフ割引を受ける…といったことも可能です。

セゾンカードインターナショナルはセゾン系のスーパーをよく利用するなら、お得度の高いクレジットカードです。
またポイントの有効期限がないのもメリットでしょう。

・セゾンカードインターナショナルのデメリット
セゾンカードインターナショナルは、1,000円の利用ごとに1ポイントがたまります。
還元率は0.5%となるので、ポイントがたまりやすい…とは言えません。
還元率が1.0%くらいあると嬉しいですね。
そして保険などの付帯が全くないいのも、デメリットとなるでしょう。